• 求人媒体を選定するポイントについて

    企業が人材を募集する時、まずは求人情報を求人媒体へ掲載する事から始めます。

    インターネットのみ掲載しているもの、新聞や広告といった紙媒体のみの求人媒体など様々です。

    求人媒体のココだけの話をしましょう。

    今は職場の動画を掲載したり、アルバイトなどに関していえば名前、連絡先、住所のみを入力して簡単応募できるお手軽なものから、担当のエージェントが付いて転職活動をしっかりサポートしてくれるものまで、求職者の幅広いニーズに応えられる媒体がたくさんあります。

    では人事担当者はどういった基準で掲載する求人媒体を選定するのでしょうか。



    第一に、企業がどういった求人情報を出そうとするかによります。


    短期アルバイトなのか、正社員でそれなりの責任あるポジションを任せようとしているのかによって選定する求人媒体は大きく違ってきます。大手であれば、同じ会社であっても、働き方によって使用する媒体が選べるので、人事担当者はそういった大手の担当者とコネクションを密にしておくといざ求人をかけようとした時に媒体の選定に無駄な時間を使わなくてすみます。

    雇用形態、働き方の他に、募集しようとする地域特性も大きく影響します。
    都心と郊外、もしくはもっと田舎の方へいけば新聞を購読している人が多く、新聞社の関連会社で求人広告を取り扱っています。また、折り込みチラシなども地域によっては効果的なケースがよくあります。
    最期にコストです。
    ハローワークは無料で掲載できて地域に特化しているため、やはり人材の募集をかけようとする時は最初に掲載すべき求人媒体です。そして先に述べた雇用形態や地域特性の他に、急募なのか、長期的に見て募集をかけるのかにより掲載期間も異なってきますので、掲載しようとするものがどれだけの期間掲載できるのかも見極めるポイントとなってくるでしょう。

    様々な条件を鑑みて無駄なく良い人材と出会えるようにしたいものです。