• 採用したい年齢層に合わせて求人媒体を選ぶ

    求人媒体は、仕事に必要な人材を募集するために、広告や告知を記載をする会社や団体のことです。

    求人媒体について親身になってアドバイスいたします。

    新聞の求人広告や求職者に知らせるための折り込みチラシ、公共施設による就職の仲介、求職サイトなどがあります。
    それぞれに特性があるので、求人媒体を選んで、人材を募集する必要があるでしょう。例えば、新聞を自宅に取るのは独身者よりも家族がいる世帯が多い傾向があります。



    若年者や単身世帯の場合は、紙の新聞よりも安価に読める電子新聞の契約をして読んだり、無料で読める検索サービスサイトで興味のある分野を検索して閲覧したりすることから、若年者層の求人広告の記事を新聞に記載しても読まれにくいことがあるでしょう。

    新聞とともに配達される折り込みチラシも同様です。


    ただし、実家住まいの若年者層を想定しているのであれば、効果がある場合があります。


    公共施設による就職斡旋の場合は、施設の事務所に出向いて、事務所内のパソコンのネットワークから仕事の広告を探し、担当者が企業に連絡をして面接などの仲介をします。

    正社員向けの仕事やパート向けの仕事と分けられていることもありますので、中途採用者や主婦の方が子供の手が離れて就職をする場合に向いている所もあるでしょう。

    定年退職をしたリタイア世代専門に相談に応じている場合もあるので、ある程度年齢層の高い方への募集にも向いています。

    インターネットを使った求人媒体は、求人情報誌がウェブ版を併設している場合もありますし、インターネットサイト専門で出している所もあります。

    近年では、スマートフォンが普及していることから、すべての年齢層の募集も可能な場合があります。

    ただし、インターネットを使うのに抵抗がない若い世代の方が応募しやすいでしょう。



    就職する側にしてみれば、事前に履歴書を入力して応募したり、自分の希望する職種があれば紹介できる機能もあるので、手間をかけずに仕事を探せるメリットもあります。