• プランニングに合わせた求人媒体選び

    • 転職をしたいと考えているが、まずは数ヶ月をかけて情報収集を行ってタイミングを計って行動に移したいという場合には転職情報サイトが適してます。

      色々ある求人媒体の中でももっとも自由度が高くて、様々な機能を有してます。


      情報収集を行うだけなら検索条件を設定して表示された情報をチェックすれば良いのですが、スカウトを受けたい時には匿名で簡単なプロフィールシートに入力をしておきます。

      スカウトの場合には、自分から動かなくても企業側からのコンタクトを待つことができます。

      退職をする日があらかじめ決まっていて、それまでに何とか次を決めたい場合、短期決戦に向いている人材紹介会社が向いています。

      知って得する求人媒体に有益な情報の紹介です。

      人材紹介会社にはキャリアコンサルタントがいて、応募先の選定だけでなく書類作成の仕方や面接試験の受け方まで教えてもらえます。



      プロの目から見たアドバイスがもらえますので、他の求人媒体では実現できないような質の高い活動が行えます。

      失業給付を受けるための手続きをするのと同時に転職活動を始めたいという場合に利用すべき求人媒体はハローワークです。
      各地に点在していて公的な機関となっていますので、情報への信頼度は抜群です。
      情報量に関しても転職情報サイトに次ぐ量を誇りますので、条件に見合った求人情報がなかなか見つからないというような心配もありません。



      応募したい時には、窓口に行って職員に伝えれば面接試験などのアポイントメントを入れてくれます。

  • 求人媒体の話

  • 求人媒体の身になる知識

    • 採用したい年齢層に合わせて求人媒体を選ぶ

      求人媒体は、仕事に必要な人材を募集するために、広告や告知を記載をする会社や団体のことです。新聞の求人広告や求職者に知らせるための折り込みチラシ、公共施設による就職の仲介、求職サイトなどがあります。...

  • 求人媒体の知っておきたい情報・求人媒体の最新情報

    • ハローワークは総合的な求人媒体です

      求人媒体と言うと求人情報誌や求人広告のことを思い浮かべる人が多いものですが、ハローワークも重要な求人媒体として位置づけられていることを知っている人は少ないものです。しかしハローワークは求人媒体の中では非常に重要なものとなっており、様々な人に対応できる機能を持っていることから、医療に利用しやすい媒体でもあります。...

    • 仕事をしながら探す時の求人媒体

      仕事を辞めてから次の仕事先を探せばたっぷりと時間がありますのでどのような求人媒体を使っても良いのですが、辞める前に探し始まる時には現在行っている仕事に影響が出ないように活動をしなければなりません。そうすると、実質活動できるのはお休みの日か帰宅後になりますので、限られた時間を有効に活用しなければなりません。...